この曲をリアルに聴いていたのは1990年の頃。特にミポリンのファンでもなかったけど、シングルCDを買った覚えがあります。資生堂のCMで流れていて、タイトルの如く、薔薇の色香が匂い立つような世界にハマってしまいました。パッケージに「作曲:Cindy」というクレジットがあり、ずっと気になっていたのですが・・・。

1989年CM 資生堂 ロゼカラーリップ 中山美穂(Youtube)

あれから20年が経ち、また聴いてみたのだけど、やっぱりあの馨(かぐわ)しさは変わらないまま。で、Cindyをネットで調べてみると・・・なんと亡くなっているでは!(2001年12月、移住先のロサンゼルスで没)。

今更ながら残念です。というのも、これほどの曲を作れる人はあまりいないと思うから。イントロの滑り落ちるような半音階進行、フレットレス・ベースが醸し出す不思議な調性感、ブレイクで強調されるキーボードのグリッサンド・・・、編曲者の鳥山雄司氏とのコラボかもしれないけど、このサウンド・メイキングは絶品です。

ちなみに、Cindyがセルフカバーしたバージョンもあります(アルバム"Don’t be afraid"に収録)。聞き比べてみるのもおもしろいかも・・・合掌。


Don’t be afraid / Cindy


こちらは、中山美穂の全シングル盤を完全復刻した、歌手デビュー30周年記念プレミアムBOX

30th Anniversary THE PERFECT SINGLES BOX(DVD付)