先日、オルリコのライブ・イベントの即売会で購入し、サインと握手を貰った曰く付き(?)のアルバム。日本の歌謡曲や唱歌が入っているので、どんなんかな?・・・と聴き出したんですが、アメイジング!でした。

何と言うか、3,000ccの車が制限速度で走っているような安定感、安心感があるんですね。高い歌唱力で丁寧に歌い上げているので、音楽の表情が豊かで、ニュアンスの一つ一つが伝わってきます。

それから、いわゆる湿っぽい"日本情緒"はここから感じません。大陸的で広々とした音楽性で、スタンダード・ナンバーを再構築しているようでとても新鮮。聞き知った曲なのにグイグイ引き込まれてしまう理由は、この辺にありそうです。

アルバムにはモンゴル民謡や中国の名曲も収録。一転してエンジン全開のワイルドな歌唱法も魅力的で、これ一枚で多彩なアジアン・ワールドが堪能できます。

PS)ライブで聴いた「オルティンド」は凄かった・・・。天まで突き抜けるような歌声を初めて体験しました。

<2016/6/20 追記>
ついに、オルリコのベストアルバムが発売されました!。デビューからの2015年までのシングル曲をカップリングを含めて全網羅。テレサ・テン"時の流れに身をまかせ"のカヴァーも収録された、ファン必携の1枚です。


オルリコ ベスト 2010-2015