ふとしたことから、ポルナレフの「愛の伝説」(原題:I Love You Because)が聴きたくなり、CDを探したんですが、ベスト盤には入っていないようです。ヒット曲なのに何で?と思ったんですが、仕方無いので調べると、「ポルナレフ革命」(原題:Michel Polnareff)というCDに入っていました。

そう言えばこのアルバム、中学生の時に友人の家でよく聴いたなぁ・・・と思い出し、懐かしく聴き始めたのですが、最初の印象は「あれっ?」。どうもLP時代と曲順が違う(CDの方が原盤通り)みたいです。それに、ジャケットもこんな黒っぽくなかった気がする・・・鳥人?。

それはともかくとして、久しぶりにポルナレフ節を堪能しました。余り気付かなかったけど、いろんなアコースティク・ギター奏法(ストローク、フィンガー、ハーモニクス、スライドなど)がフィーチャーされてますね。彼=ピアノ・サウンドの印象が強かったのは、映像のせいかもしれません。

アルバムの中に他のヒット曲、「僕はロックン・ローラー」や「悲しみのロマンス」も見つけて、嬉しくなってしまいました。ちなみに、この2曲も何故かベスト盤には入ってません・・・版権の問題なのかな?