まず取り上げることはないだろうと思っていた"光GENJI"ですが、取り上げちゃいました!。リアルな頃は、"ザ・ベストテン"なんかでよく見かけたけど、運動量の多いステージ・アクションに目がいって音楽自体は耳に入ってなかった気が・・・。

あらためてアルバムを聴いてみると、なかなかイケルるんだな〜。実は、「ガラスの10代」等を提供していたのが飛鳥涼だったことを、今になって知るありさま。ポップ・オペラ(ミュージカル)風に仕立てられたサウンドを聴くと、アンドリュー・ロイド・ウェバーの作品を想起させられます。

スターライト・エクスプレスが1984年、オペラ座の怪人が1986年のリリースだったことを考えると、光GENJIがデビューした1987年以降は、これらの影響を受けているのは自然な成り行き。当時の制作陣はかなり意識していたのではないでしょうか?

冒頭にベストアルバムを挙げましたが、"All Songs Request"というアルバムも良いですよ。ファン投票によるベスト盤なので、シングルB面曲やコア曲も収録。ただ不思議な事に「パラダイス銀河」は入っていません。


光GENJI All Songs Request