T-SQUAREの名曲「OMENS OF LOVE」は、吹奏楽でも良く取り上げられています。聴く人を元気に、前向きにさせるエネルギーに満ち溢れているからでしょう。

特にサビを頂点としたメロディーの設計が抜群。前半は沈み込んで体勢を屈め、中盤は上昇カーブに備えた助走ライン、そして終盤で一気に伸び上がってパワー全開。そのアスレチックな展開に、聴く人はエネルギーを感じるのだと思います。


"元祖"T-SQUAREのライヴ映像。OMENS OF LOVEも当然収録。

この曲に詞を付けて歌ったら気持ち良いだろうなと思っていたら、小泉今日子がカバーしていることを知りました。「ウィンク・キラー」というタイトルで、オリジナル・アルバム「Flapper」に収録。シングルでは発売されていないようで、だから今まで気付かなかったのかと。

一度カラオケで歌いたいと思っているのですが、2オクターブ近い音域があるので、かなりの難曲。さすがに元インストゥルメンタルですね。それ以前に、カラオケで配信されているかが問題ですが。

PS)
「K2 BESTSELLER」にも収録されていますが、ダイジェスト編集のためサビに入ってすぐフェード・アウトします。これってアリ?


K2 BESTSELLER

最後に、初音ミクバージョンのウィンク・キラーを埋め込んでおきました。