杉山清貴脱退後、カルロス・トシキをヴォーカリストに迎えた"1986オメガトライブ"のファースト・シングルです。(翌年にカルロス・トシキ&オメガトライブと改名)

カルロス・トシキは僕の中ではアイドル枠だったので(笑)、当時はあまり真剣に聴いていなかった気がします。でも、今聴き返せばとても良く練られた楽曲だな・・・と。

オメガトライブは、バンドというよりもプロデューサー主導の音楽プロジェクトという性格が強かったようです。それは、メンバーの変遷やシングル曲を外部の作家に委託していた点に顕れていますね。(杉山清貴の時代は林哲司、カルロス・トシキの時代は和泉常寛が主な作曲者)

80年代後半になると、トータル・プロデュースされた音楽ユニットが群雄割拠の如く登場しますが(TUBE、WANDS、DEEN等)、オメガトライブはその先駆けだったのかもしれません・・・。


プレミアム・ベスト 1986オメガトライブ/カルロス・トシキ&オメガトライブ