年甲斐もなくNHKのスポーツ・アニメ「Baby Steps」にハマってしまい、そのエンディング・テーマを歌っているBaby Raids(ベイビー・レイズ)というアイドル・グループを知りました。

このエンディング・テーマ「ベイビー・ステップ」はなかなかの佳曲なんですが、残念ながらオフィシャル・ビデオが無いので(脚注)、代わりにデビュー曲の「ベイビー・レイズ」を埋め込んでおきます。

さて、このグループのコンセプトは"逆境&逆襲"。デビュー曲のサウンドと歌詞はこれを上手く表現していると言えますね。(ちなみに、グループ名のRaidsには"奇襲"の意味あり)

ベイビー・レイズ 作詞:塚本けむ

アイドル・グループには特に関心が無いのですが(念の為)、僕が興味を持ったのはこのグループのサウンド・メイキング。ソリッドなギターサウンドを核にしたロックとR&Bの融合体には、アイドルらしからぬポテンシャルを感じます。

ところで、この曲を聴いて思い出したのは、80年代にヒットした"Loverboy"の"Working For The Weekend"(邦題:それ行け!ウイークエンド)。この辺のサウンドが今やアイドル楽曲の下敷き?なんて思うと、時の流れを感じざるを得ません・・・。




(注)
「ベイビー・ステップ」のオフィシャル・ビデオが公開されたので、埋め込んでおきます。