私的音楽空間

音楽評論、音楽理論、音楽ツール等を扱っています。当サイトからの無断転載はご遠慮下さい。リンクはご自由にどうぞ。

カテゴリ: 1980年代

ディオンヌ・ワーウィックとフレンズ(グラディス・ナイト、エルトン・ジョン、スティーヴィー・ワンダー)が1985年に発表した、米国エイズ研究財団支援のチャリティー・ソングです(原題:That's What Friends Are For)。この歌は1986年のビルボード年間シングル・チャート.....More
ロバート・パーマーが1986年に放った全米No.1ヒット「恋におぼれて(Addicted To Love)」です。ロバート・パーマーと言えば、ジョン・テイラーらと結成した"パワー・ステーション"が有名ですが、これはユニット脱退後に発表したソロ・アルバム「Riptide」からのシングル・カ.....More
TOTOの5tnアルバム「アイソレーション(Isolation)」から、「エンジェル・ドント・クライ(Angel Don't Cry)」です。この曲はアルバム収録曲の一つに過ぎませんが、妙に惹かれるものがあります。楽曲としては完璧、ヒット性も十分あるのに、何故か当時シングル・リリースさ.....More
この曲は、アルバム"シカゴ17"からのサード・シングルで、ピーター・セテラとデヴィッド・フォスターによる共作。二人の才能が結実したラヴ・バラードの名曲です。   80年代にデヴィッド・フォスターのプロデュースによって復活したシカゴ。あの大ヒット曲「Hard to Say I'.....More
杉山清貴脱退後、カルロス・トシキをヴォーカリストに迎えた"1986オメガトライブ"のファースト・シングルです。(翌年にカルロス・トシキ&オメガトライブと改名) カルロス・トシキは僕の中ではアイドル枠だったので(笑)、当時はあまり真剣に聴いていなかった気がしま.....More
マイケル・ジャクソンが1979年に発表した「Off The Wall」は、ビッグ・アーティストへの登竜門となったアルバムです。クインシー・ジョーンズがプロデュースを手掛け、以降「Thriller」「Bad」へと快進撃が続きました・・・。 「Rock With You」はこのアルバムからのシン.....More
以前に、この曲のランディ・グッドラム・バージョンを紹介しましたが、今回は本元のスティーヴ・ペリー・バージョン。最近VEVOで公開されたPVの中の一つです。 マイクに向かって歌う・・・ただそれだけを映像化しているところに、ヴォーカリストとしての自負や虚飾を嫌う.....More
T-SQUAREの名曲「OMENS OF LOVE」は、吹奏楽でも良く取り上げられています。聴く人を元気に、前向きにさせるエネルギーに満ち溢れているからでしょう。特にサビを頂点としたメロディーの設計が抜群。前半は沈み込んで体勢を屈め、中盤は上昇カーブに備えた助走ライン、そして.....More
加藤和彦氏が亡くなってから4年が経ちますが、彼の作品には思い入れがあります。それは聴く人をFantasyの世界に巻き込む力の強いこと。独特の浮遊感と言うか、夢見心地にさせるところがありますね。 例えば、飯島真理の「愛・おぼえていますか」や竹内まりやの「ドリーム.....More
まず取り上げることはないだろうと思っていた"光GENJI"ですが、取り上げちゃいました!。リアルな頃は、"ザ・ベストテン"なんかでよく見かけたけど、運動量の多いステージ・アクションに目がいって音楽自体は耳に入ってなかった気が・・・。 あらためてアルバムを聴いてみ.....More
昨日、録り溜めしていた番組(NHK「スコラ」〜ロックへの道編)を見て、この曲にマイケルのカバーがあるのを知りました。クラプトンのカバーは知ってたのですが・・・。 彼の未発表作品を集めた「MICHAEL」(2010年発表)に入ってます。なにやら「スリラー」に収録予定だっ.....More
バラード・ベスト・コレクション〜夢 これは、岩崎宏美のバラードを集めたベスト盤。その中に「小さな旅」という曲を見つけました。 どこかで聴いたことがあるな・・・と調べると、NHK番組「小さな旅」のテーマ曲。日本津々浦々の暮らしぶりを伝える映像の中で、BGMとして.....More
このアルバム「アローン・バット・ネヴァー・アローン」には、発売当初(1986年)からずっとお世話になっています。就寝前のひと時、高ぶった神経を沈めたい時に、心から安らげる音楽がここにあります。 ギタリストのリーダ作というと、とかくテクを誇張して余計な音を撒き.....More
「つぐない」「愛人」「時の流れに身をまかせ」のビッグ・ヒットで、一躍スターダムにのし上がったテレサ。そんな彼女に提供された、明るいポップス路線の楽曲がこれ。 いつもの"黄金コンビ"(作詞:荒木とよひさ、作曲:三木たかし)によるものですが、特筆すべきは林有三.....More
毎日寒いですね。昨日テレビで、気象予報士がその理由を話していました。 例年と違って、偏西風のコースが日本の南海上まで下がっているので、寒気が降りてしまうとのこと。では、どうしてコースが違うのか・・・そこは謎のまま。まあ異常気象ということで、全てが説明され.....More
この曲をリアルに聴いていたのは1990年の頃。特にミポリンのファンでもなかったけど、シングルCDを買った覚えがあります。資生堂のCMで流れていて、タイトルの如く、薔薇の色香が匂い立つような世界にハマってしまいました。パッケージに「作曲:Cindy」というクレジッ.....More
服部克久の世界〜works今年の10月10日に享年63歳で亡くなった柳ジョージさん。心よりご冥福をお祈りします。先日聴いたCDの中に、彼の懐かしい唄声がありました。 それは、「服部克久の世界〜WORKS」というCD。あの「音楽畑」で有名な同氏の代表曲を収録した記念盤です。.....More

↑このページのトップヘ