私的音楽空間

音楽評論、音楽理論、音楽ツール等を扱っています。当サイトからの無断転載はご遠慮下さい。リンクはご自由にどうぞ。

カテゴリ: 1970年代

Never Again 許さない 僕がこの曲を初めて聴いたのは、「許さない」というアルバムに入っていたバージョン。ライナー・ノーツで、これがセルフ・カバーだと知り、その後オリジナル版(1979年)に至りました。 ミディアム・テンポでしっとりと唄い上げるカバー版に対して、.....More
前回に続いて、ジョージ・ネタ。1974年発表のアルバム「ダークホース」の中でも、ひときわ渋いソー・サッド (So Sad)です。 歌詞は、パティ(前妻)との別離を嘆いた情けない内容ですが、曲の方はジョージらしい仕掛けがあって面白い。僕は、あの「Here Comes The Sun」.....More
このアルバムには、とても思い入れがあります。中学生の頃に自分の小遣いで初めて買ったLPがコレ。そして、訳あって洋楽のCDを大量に処分した際に、どうしても手離せなかったのもコレです。以来40年近く経ちますが、「座右のアルバム」の一つになっています。 今考えると.....More
ふとしたことから、ポルナレフの「愛の伝説」(原題:I Love You Because)が聴きたくなり、CDを探したんですが、ベスト盤には入っていないようです。ヒット曲なのに何で?と思ったんですが、仕方無いので調べると、「ポルナレフ革命」(原題:Michel Polnareff)というCD.....More
冒頭のサビ(♪ しなやかにうたって・・・)の部分、メロディーラインにオクターブの下降や、3連続の半音上昇を含んでいるのは、かなり奇抜。でも、一度聴いたら忘れられないところに、宇崎竜童氏の作曲センスを感じます。 もう一つ面白いのは、サビ、Aメロ、Bメロ・・・.....More

↑このページのトップヘ