私的音楽空間

音楽評論、音楽理論、音楽ツール等を扱っています。当サイトからの無断転載はご遠慮下さい。リンクはご自由にどうぞ。

カテゴリ: J-POP・歌謡曲

まず取り上げることはないだろうと思っていた"光GENJI"ですが、取り上げちゃいました!。リアルな頃は、"ザ・ベストテン"なんかでよく見かけたけど、運動量の多いステージ・アクションに目がいって音楽自体は耳に入ってなかった気が・・・。 あらためてアルバムを聴いてみ.....More
秋も深まる時期になると、やたら心に染みてくる唄があります。例えばこの「古いお寺にただひとり」(1972年発売)。チェリッシュ4枚目のシングル曲ですが、リリースが「ひまわりの小径」と「若草の髪かざり」に挟まれたためか大ヒットには至りませんでした。 確かにコード.....More
暑い夏も終わり・・・って書き始めて、ふと、もう10月も終わるやん!・・・。ブログサボってたのがバレバレですね。では・・・稲穂の刈り入れが終わる時期に、このPVは如何でしょうか? 個人的にはaikoの最高傑作だと思っているこの曲、コード進行が面白い・・・。 Aメロ.....More
由紀さおりの新曲動画がアップされましたので、共有しておきます。 近年、アルバム「1969」が海外で高く評価された彼女が、今年の1月に発表したシングル曲。原点回帰とも言えるアダルト・ポップスをしっとりと歌い上げています。 柔和なメロディー・ラインなんですが、.....More
この曲は、吉田拓郎が初めて歌謡界に楽曲提供したもの。あの「襟裳岬」(森進一)がレコード大賞を受賞した前年(1973年)にあたります。 ルーム・ライト by 由紀さおり (Youtube) たたみかけるようなメロディーや大胆不敵な?コード進行は、まさに拓郎節全開。でも、.....More
前回は異邦人のカバーを取り上げましたが、今回はオリジナルの方に触れておきたいと思います。Wikipediaによると、この曲の元のタイトルは「白い朝」だったそうで、確かにその句は歌詞の中に出てきます。 異邦人 作詞:久保田早紀 プロモーション上の理由から、タイトル.....More
THE HIT PARADE これは、B'zのギタリスト松本孝弘(TAK MATSUMOTO)によるJ-POPのカヴァー・アルバム。この中の「異邦人」は、ディストーション・ギターを前面に押し出したアレンジで話題になりました。余りのハードさに、オリジナルのイメージを壊しているのでは?との声も.....More
この唄を聴くと、どうしてこんなに血が騒ぐのだろう・・・?。何か自分もトラクターに乗って、大地を蹴散らかしたくなってくるから不思議です。 赤いトラクター 作詞:能勢英男 詞の中で"トラクター"は完全に擬人化され、"俺の相棒"として仕事に立ち向かいます。ドラム.....More
この唄は日本のCMソング史上、もっとも息の長い作品の一つでしょう。「ヤン坊マー坊天気予報」の放送が開始されたのが1959年、終了したのが2014年。半世紀以上もCMソングとして活躍した理由は何なのでしょうか? メロディーの朗らかさ・親しみやすさ、天気予報という生.....More
ふとしたことから(最近こういうのが多い)、頭の中に次のフレーズがよぎりました。一本が十本に、十本が百本に♪・・・何か十倍づつ増えていく内容だったけど、誰が歌っている何と言う曲か判りません。 で、ネットで調べると水前寺清子の「いつでも君は」であることが判明.....More
前回、哀愁のシンフォニーを書いている時に、この曲に異稿(別バージョン)があることを知りました。それが「霧のわかれ」。2008年に発売された「キャンディーズ・タイムカプセル」(CD 20枚組・生産限定版)に収録されています。(作曲:三木たかし、作詞:なかにし礼) .....More
先日、キャンディーズのベスト盤を聴いてみました。懐かしくも甘酸っぱい楽曲が並ぶなか、特にグッときたのが「哀愁のシンフォニー」。テレサ・テン、石川さゆり、伊藤咲子らを手掛けた、三木たかしによる作曲です。何より音楽の形式が美しい。いわゆる「三部形式」の曲です.....More
新沼謙治のコンサートでは、「嫁に来ないか〜♪」と歌うと、お姉さま達から「(嫁に)行く行く〜」と"合いの手"が入るそうです。それくらい皆に浸透している、昭和歌謡の名曲ですよね。 嫁に来ないか 作詞:阿久 悠 思えばこの歌、世にもストレートな「プロポーズ・ソン.....More
これは新沼謙治1977年のヒット曲、東京を"脱出"する男女を切々と歌い上げます。二人を乗せた車のヘッドライトは"悲しみ"にくれていたのに、夜が明けるにつれ"しあわせ"に点火(転化)する・・・味(あじ)のある詩です。 ヘッドライト 作詞:阿久 悠 メロディーで印象的.....More
「人形の家」のオリジナル・バージョンを聴きたくて、弘田三枝子のベスト盤を入手したのですが、その中にとても懐かしい曲がありました。アニメ「ジャングル大帝」のエンディングで流れていた「レオのうた」。 オープニングの「ジャングル大帝のテーマ」(あの"ア〜ア〜ア.....More
先日、NHKの「Songs」で唄っている徳永英明を見て、これは良い!と思いました。ヒット当時(1969年、歌唱:弘田三枝子)小学生だった僕の記憶が蘇っただけでなく、何かこの歌の"本質"に触れたような気がしてなりません。 アレンジ、演奏、歌唱の良さもさることながら、詩.....More
バラード・ベスト・コレクション〜夢 これは、岩崎宏美のバラードを集めたベスト盤。その中に「小さな旅」という曲を見つけました。 どこかで聴いたことがあるな・・・と調べると、NHK番組「小さな旅」のテーマ曲。日本津々浦々の暮らしぶりを伝える映像の中で、BGMとして.....More
Never Again 許さない 僕がこの曲を初めて聴いたのは、「許さない」というアルバムに入っていたバージョン。ライナー・ノーツで、これがセルフ・カバーだと知り、その後オリジナル版(1979年)に至りました。 ミディアム・テンポでしっとりと唄い上げるカバー版に対して、.....More

↑このページのトップヘ