私的音楽空間

音楽評論、音楽理論、音楽ツール等を扱っています。当サイトからの無断転載はご遠慮下さい。リンクはご自由にどうぞ。

タグ:昭和歌謡

この曲は、吉田拓郎が初めて歌謡界に楽曲提供したもの。あの「襟裳岬」(森進一)がレコード大賞を受賞した前年(1973年)にあたります。 ルーム・ライト by 由紀さおり (Youtube) たたみかけるようなメロディーや大胆不敵な?コード進行は、まさに拓郎節全開。でも、.....More
この唄を聴くと、どうしてこんなに血が騒ぐのだろう・・・?。何か自分もトラクターに乗って、大地を蹴散らかしたくなってくるから不思議です。 赤いトラクター 作詞:能勢英男 詞の中で"トラクター"は完全に擬人化され、"俺の相棒"として仕事に立ち向かいます。ドラム.....More
ふとしたことから(最近こういうのが多い)、頭の中に次のフレーズがよぎりました。一本が十本に、十本が百本に♪・・・何か十倍づつ増えていく内容だったけど、誰が歌っている何と言う曲か判りません。 で、ネットで調べると水前寺清子の「いつでも君は」であることが判明.....More
新沼謙治のコンサートでは、「嫁に来ないか〜♪」と歌うと、お姉さま達から「(嫁に)行く行く〜」と"合いの手"が入るそうです。それくらい皆に浸透している、昭和歌謡の名曲ですよね。 嫁に来ないか 作詞:阿久 悠 思えばこの歌、世にもストレートな「プロポーズ・ソン.....More
これは新沼謙治1977年のヒット曲、東京を"脱出"する男女を切々と歌い上げます。二人を乗せた車のヘッドライトは"悲しみ"にくれていたのに、夜が明けるにつれ"しあわせ"に点火(転化)する・・・味(あじ)のある詩です。 ヘッドライト 作詞:阿久 悠 メロディーで印象的.....More
先日、NHKの「Songs」で唄っている徳永英明を見て、これは良い!と思いました。ヒット当時(1969年、歌唱:弘田三枝子)小学生だった僕の記憶が蘇っただけでなく、何かこの歌の"本質"に触れたような気がしてなりません。 アレンジ、演奏、歌唱の良さもさることながら、詩.....More
「つぐない」「愛人」「時の流れに身をまかせ」のビッグ・ヒットで、一躍スターダムにのし上がったテレサ。そんな彼女に提供された、明るいポップス路線の楽曲がこれ。 いつもの"黄金コンビ"(作詞:荒木とよひさ、作曲:三木たかし)によるものですが、特筆すべきは林有三.....More

↑このページのトップヘ